【アトピーで悩む方へ】ヒルドイドのジェネリック二種

【アトピーで悩む方へ】ヒルドイドのジェネリック二種

こんにちは!アトピートラベラーとべちゃんです!

今回は、アトピー肌のわたしたちのお肌の保湿に欠かせないヒルドイドのジェネリックについてレビューしてみたいと思います♪

ヒルドイドってそもそもなぁに?

ヒルドイドソフト軟膏0.3%は、皮膚の乾燥を抑えて保湿してくれるわたしたちアトピーの人にとったら欠かせない保湿剤です♪塗布した部位の血行を促進してくれる作用もあるようなので、浮腫の人も使うみたい。
わたしは顔のお手入れの最後に薄く伸ばして仕上げます^ ^

ヒルドイドのジェネリックは2種類あった!

先日夏休みの旅行前お医者さんに行って、少なくなってしまった飲み薬と塗り薬を出してもらう際に、ヒルドイドも出してもらおうとお医者さんにお願いすると、「ジェネリックもあるよ。2種類あるんだよね」と言われました。
2種類!?何が違うんですか?
ブルーの方が夏向けかなぁとか色々お話してくださいましたが、論より証拠、両方出して頂いて試してみることにしました♪


上のピンク色の方がずっと使っているヒルドイドと同じようなお薬。下のブルーの方はヒルドイドとは少し違うお薬。
ピンクの方はヒルドイドと同じように塗ったら水を弾くクリームで、ブルーの方は水を弾かず洗い流せるタイプのクリーム。
帰宅後早速手の甲で試してみました♪

ジュネリック2種類で実験!

ヒルドイドのジェネリック2種類を片手に1種類少しだけ出して伸ばしてみます。


ヒルドイドはほんの少しでとっても伸びるので、ほんのちょっと出して伸ばしてみました。
出した感じからしてだいぶ違います。ピンクの方はトロッとして油っぽい感じで溶けてしまいそうですが、ブルーの方は普通のクリームです。
伸ばしたときの見た目は同じようです。しっとり感もあまり変わりません。ブルーの方がお肌に吸い取られる感じが少し強いです。

両手を水で軽く流してみました。

ブルーの方は確かに水で洗い流されてしまいましたが、ピンクの方は水を弾いてクリームが洗い流されていません。
夏に入ってからヒルドイドを使っていてヌルヌルするなぁと思っていたので、これからはブルーの方を使ってみようかなぁと思い、旅行にはブルーの方と、念の為元々使っていたヒルドイドの残りを持って行きました。

旅行中ヒルドイドジェネリックのブルーを使ってみた結果
そんなわけで、夏休みの旅行中ヒルドイドジェネリックのブルーの方を使ってみました。
今回は飛行機に乗っている時間が異常に長かったせいもあると思いますが…日本を出て韓国、ホノルル、アメリカ本土を経由してメキシコに着いた後、右のこめかみの辺りから頬の高い部分にかけて皮が剥がれてきました。(カンクンの動画で確認してみてください)
最初は疲れが出たのかな?くらいに思っていましたが、ある時今使っているのはいつものヒルドイドじゃない!と気づきました。
このまま顔の皮が剥がれ続けたらヤバイ!と思い、今までのヒルドイドに変えたら次の日には(飛行機移動があったにも関わらず)しっとりとした普通肌に戻れました^ ^早めに気付いて良かった!

まとめ

ヒルドイドの2種類あるジェネリックは、その時自分がどんなことをするのか?どんな場所にいるのか?で使い分けたら良いと思いました♪

最初わたしは短絡的に考え、夏場だし暑くて湿気の多い国に行くからブルーでいっか♪とブルーを持って行ってしまいましたが、飛行機の中の乾燥は半端じゃないと忘れていました。
今まで普通のヒルドイドを塗っていて問題なかったので、飛行機の中が乾燥していること自体を忘れていたんですね…
日本で電車移動をして仕事に行く程度ならブルーで大丈夫だったと思います。

今回の旅行でかなり日焼けしました。日焼け肌が乾燥するのはアトピーじゃない普通肌の方も同じだと思うので、わたしのようなアトピー肌の人はより一層保湿を頑張らなければなりません。顔は今までと同じタイプのピンクのジェネリックを使って、体の保湿にブルーのジェネリックを使うのが今はベターかなと思いました。

それでは今日はこの辺で♪
わたしのYouTube動画で顔のアトピー具合を確認してみてください^ ^
チャンネル登録もしていただけたら励みになります♪