【カンクン】簡単!これだけ!メキシコのカンクン国際空港からホテルゾーンまでバス移動♪

【カンクン】簡単!これだけ!メキシコのカンクン国際空港からホテルゾーンまでバス移動♪

こんにちは!とべちゃんです^^

2018年の夏休みはメキシコのカンクンとハワイのホノルルに行ってきました!

どちらもとても良い所なのでどんどんご紹介しますね。

今回はカンクン国際空港からホテルゾーンまでのバス移動について書いてみたいと思います。わたしも乗るまでは大丈夫だろうか?と少し心配していましたが、とても簡単でした^^

まずはADOのバスチケットを購入します!

バスチケットを買わないとバスに乗れませんので、まずはバスチケットをどこで買うのか探す必要があります。どのターミナルでも大体はバゲッジクレイム(預けていた荷物を受け取るベルトコンベアが沢山ある場所)の先の出口(ExitだとかWay Outと書かれています)を出るとすぐにあると思います。

わたしたちはメキシコのLCC インタージェット(Inter Jet、インテルジェット)を使ってサンフランシスコからカンクンに着いたので、第4ターミナル(T4)だったのですが、出口の自動扉をくぐるとすぐにホテルや現地ツアーのデスクが沢山ある空間に出ます。

その空間にはADOのカウンターはなく、もう一つ自動扉をくぐった先の右手2番目にありました。

購入方法

購入方法はとても簡単!行き先を告げて運賃をお支払いするだけ!

ホテルゾーンに行く場合は、まずADOバスでカンクンのダウンタウン(sentro セントロ)の ADOバスターミナルまで行って、近くのバス停から市バスに乗り継ぐ必要がありますので、カウンターにいる方に”ダウンタウン”と、”人数”を伝えてください。

その後、運賃をお支払いします。(二人で78ペソでした。$78と書かれているのでだいぶ高いと思いましたがドルではなくペソですのでダウンタウンまで二人で500-600円です。タクシーだと5倍はしますので、かなり安心価格!)

わたしは成田で両替をするときにメキシコペソが大きい紙幣しかなく仕方なく大きいお金を持ち歩いていたので、紙幣を細かくするために現金でお支払いしました。(メキシコのタクシーやバスは大きい紙幣でお支払いするとお釣りないよ!と言われてしまうと書かれた記事をいくつか見かけたので、なるべく無駄をなくすために空港で細かくしました)

お支払い後、レシートのような物にD153のような文字が書かれた紙を渡されますのでそちらを保管します。(D153のような番号は乗るバスの番号です)

次にバス乗り場を探します!

カンクン国際空港の第四ターミナルのバス乗り場は、出口を出たら見える場所にあります。まっすぐ前を見ると明らかにバスが停まりそうなサークル状をしている真っ白な屋根ありますので、そちらが色々なバスやタクシー乗り場になります。

ターミナルに入るとタクシーの客引きさんたちが10人くらいいて声をかけてきますが、ADOバスを使う場合はチケットを見せると引いてくれます。わたしはその方達にADOバス乗り場を伺い教えていただきました。

第四ターミナルの場合、ADOバスの停留所はバス乗り場の一番遠い所にあります。(詳しくはわたしのyoutube動画をご参照ください)なので3分くらい歩く必要があります。長旅で疲れていますが、頑張りましょう!バスに乗れば冷房がきいた涼しい車内で座れます!

ADOの停留所に、大きくADOと書かれた小さいカウンターに案内してくださる方が座っているので、その方に先ほど渡されたレシートのような物に書かれた番号を見せると”ここで待って!”と言われますので、言われた場所でバスの到着を待ちます。

ADOバスの乗り方!!

このADOバスは思ったより本数が出ているようで、長時間待たされることはない感じです。わたしたちの場合、すぐにバスが来て乗り込むことが出来ました。

乗り込む際、先ほどのレシートを運転手さんに見せます。それだけで普通に乗ることが出来ます。

バスが発車した後、第四ターミナルで乗り込んだ場合は他のターミナルを回って乗客を乗せてからダウンタウンまで向かうので少し時間がかかりますが、空港を出てからは街並みを楽しんでダウンタウンまでの時間を過ごすことが出来ます。

ダウンタウンのバスターミナルに着いたら市バスに乗り換え!!

乗り込んでから30-40分でダウンタウンのADOバスターミナルに到着します。

わたしたちが乗ったバスは他のバスがズラッと並んでいる場所に停車しましたので、一度バスターミナルの待合所に入ってから建物の逆側に出ました。目の前にある通りを一つ渡ると大きな歩道橋とその奥にマックの看板が見えます。左手(歩道橋の階段近く)には地元のカフェがありました。その辺りが次に乗る市バスの停留所です。

市バスはR1かR2に乗るとホテルゾーンまでつけるようですが、わたしたちはちょうどよく来たR1に乗ってみました。どれが R1R2なのかの見分け方ですが、バスの一番前のガラスにR1やR2と書かれた大きいシールのような物が貼り付けられているのでバスの前面に注目してみてください♪ちなみに冷房なしバスです。

市バスの乗り方、降り方!!

市バスの乗り方も簡単です!乗り込む際に運転手さんに運賃(二人で24ペソおよそ150円)をお支払いします。お釣りとバスチケットのような物を渡してくださいますので、受け取ります。(わたしのyoutube動画を参考にしてみてください)座ります。

そのときに、降りたいホテルの名前を運転手さんに伝えておくとスムーズですが、わたしはうっかり忘れてしまったので少し経ってからホテルの名前を伝えて、そちらで停まってもらえるようにしました。

地元の方はバス停ではない場所で手を上げて乗り込んだり、降りるときもバス停ではない所で降ろしてもらったりしていましたので、乗り降りする場所はかなり融通が利くのではないかと想像します。

ダウンタウン(セントロ)からR1に乗ってホテルゾーンに入るまで大体10分くらいだと思います。わたしが乗ったバスはホテルゾーンに北から入っていって南に移動するタイプだったので、正直そこからホテルまでが長かったです。

ホテルゾーンに入ってから20-30分かけて宿泊するホテルに到着しました!ホテルゾーンに入ってから少しするとラグーンが右手に見えて来ますので、冷房なしバスでも少し気持ちがリフレッシュされます^^

まとめ

今回カンクン国際空港からダウンタウンを経由してホテルゾーンまでバス移動してみましたが、ダウンタウンの乗り換え時に観光客向けに作られた美しいリゾートカンクンではなく、地元の人の息遣いを感じられる本当のカンクンが見られたことが良かったなぁと思っています。

次回カンクンではダウンタウンに宿をとってみても良いかもしれません♪